〈OM-Dまかせでちょちょいっと撮ろう〉打ち上げ花火編

まーや@永遠のカメラ素人です。

8月2日に 呉海上花火大会 に行ってきました!

当日の夕方は豪雨が降りまして、これ中止じゃない?と不安になりつつ向かったのですが、なんとか決行されました。瀬戸内海汽船 2014 銀河花火クルーズ で行ったのですが、雨のため30分早く開始したようで、到着したらもうとっくに始まっていたという…。そうなの?そういう情報入らないの?とやや切ない気分に…。

ま、半分は見れたし満足満足。

では、カメラまかせでちょちょいっと撮ろう!永遠のカメラ素人によるOM-Dレポ、まいります。
使用カメラはこちら。

カメラ OLYMPUS OM-D E-M1 (オリンパスミラーレス一眼)
レンズ M.ZUIKO DIGITAL 25mm F1.8 (50mm相当)

初心者な私は三脚などというものは当然のように持ってないので手すりの上にカメラを乗っけて撮影しました。雨なもんでもう濡れる濡れる。カメラもシャワーで水かけたみたくびしょびしょ状態。オリンパスの「OM-D E-M1」は防塵・防滴らしいけどちょっと心配になる濡れ具合に(心配とかいいつつ散々濡らす私)。でも今日も元気なので「撮影環境を選ばない」の売り言葉はウソじゃなかった。

設定

完全にカメラまかせですからね。「打ち上げ花火」モードで撮影します。

  1. シーン撮影を選択します。
    kure_hanabi_s1

  2. 画面にメニューが出るので、△▽で「打ち上げ花火」を選択します。
    kure_hanabi_s2

  3. これでOK。

タイミングは遅からず、早からず

シャッター押す→ REC(5秒くらい?) → 出来上がり となります。
なんていうか、解っちゃいたけど、もうシャッター速度が遅い遅い。

「シャッターを押した瞬間から5秒後までを撮影」となるので綺麗なところでシャッターを押すと完全に遅すぎ。
それがこちらの消えかけ花火。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

では早めて、上がって破裂した瞬間にシャッターを押してみます。
それがこちらのスダレなし花火。これはこれでアリっちゃアリかな。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

破裂して花火の中央部分が出来て、くらいのタイミングですかね。
それがこちら。スダレがちゃんと出来てます。これこれ、これが打ち上げ花火ですよね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

成果

そこそこ頑張れた気分。(頑張ったのはカメラだけど)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

打ち上げ花火と水上花火を一緒に撮るとタイミングがカナリ難しい。
左は打ち上げに合わせて水上が消えかけですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

途中で風が止ったみたいで煙が漂っちゃって、いい感じに撮れたのに台無し…。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

煙が漂うとどうしようもないですね。まだ煙がない序盤に撮らないとですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

船上+手すりの上にのせただけ、という悪環境なので原寸で見るとブレブレです。花火撮影は三脚必須ですね。シャッターを押した時にブレるので、スマホ連携してシャッターはスマホから切ると尚いいでしょう。でも花火大会って三脚なんて設置する余地ないですよね。世の皆さんはどうしているのやら。

まーや
About まーや (34 Articles)
画像変換サービスPictureFitterを担当しています。 ネコ大好きのアンドロイダーです。
Contact: Twitter

Leave a comment

Your email address will not be published.

*



Top