スマホアプリ「QZ-finder」で日本版GPS衛星「みちびき」を見つけよう!

[人工衛星「みちびき」とは?]

GPSを補完する衛星として2010年に種子島から打ち上げられた衛星で、GPSに対してQZSSと呼びます。
日本版GPSとも呼ばれ、ほぼ日本の天頂付近に位置する軌道を回っているので正式には「準天頂軌道衛星」と呼ぶらしいです。

さて、GPSはアメリカが(当初は軍事目的?)打ち上げた衛星で全世界をカバーするために30機くらい常時運用されており、私もカーナビやスマホなど日常的に使っていますが、
最低4機以上のGPS衛星が見通せる場所でなければ実用的な測位ができず、仮に4機見通せたとしても位置の誤差が数m〜数+mにもなってしまいます。
今現在は国内でも概ね6機のGPS衛星が見通せるらしいですが、安定して高精度の位置情報を得るには8機以上の衛星が見通せることが理想らしいです。
しかし、都市部では高層ビル、山間部では山に遮られる場所が多く、現状では日本国内どこでも高精度な測位ができると言う状況ではないんですね。

こういった問題を解決するために打ち上げられたのが「みちびき」(QZSS)です。
QZSSは今は実験段階なので24時間中8時間を日本の天頂近くに位置する軌道を回っていますが、2016年から2017年にかけて3機打ち上げられて2018年からは本格運用になる予定です。
そうなると「みちびき」4機の内3機は常に日本上空に見通せる位置に居ることになるため、GPSの6機と合わせて8機以上となり、国内のどこでも誤差数cmの高精度で測位ができる様になると言う事です。

[メニュー]

立ち上げるとシンプルなメニューが表示されます。
1

[Rader]

Rader(レーダー)をタップすると現在地からの「みちびき」(赤丸印)の位置と他のGPS衛星の位置(青丸)が表示されます。
スライダーを操作すると時間の経過と共に移動する様子が表示されます。
2

[Map]

Map(地図)をタップすると今現在の位置が地図上に解りやすく表示されます。
赤丸印で8の字に書かれているのが「みちびき」の軌道です。
ちなみに「みちびき」が8の字を描いて回っているわけではなく地球をまっすぐに回っているんですが、地球の自転とずれた軌道を回っているので日本から見ると8の字に見えるんです。

3

[Camera]

Camera(カメラ)をタップして空にかざすと、カメラ画像の中に今現在の「みちびき」や他のGPS衛星が重なって(AR:拡張現実)表示されます。
おお!そこに居るのかぁ!と言う感動がありますね!

「みちびき」発見!
4

GPS衛星も発見!
5

[設定]

設定画面では主に[Camera]で見た時の表示項目を選ぶ事ができます。
[GPS表示」はGPSを表示する/しない、[QZSS表示]は「みちびき」を表示する/しないをそれぞれ設定できます。
アルマナックは「みちびき」やGPS衛星のおおよその軌道情報らしいです。
この”おおよそ”に対して”正確”な軌道情報を「エフェメリス」と呼ぶらしく、各衛星は自分の位置を知らせるためにこの信号を送信しているらしいです。
6

[感想]

Flightradar24も同類のアプリですが、「位置情報がわかったからどうした?」と言われればそれまでなんですが、見えないけど、目前にある(ハズの)人工衛星「みちびき」を思いながら空を見上げるのは良いもんです!
仕事の合間のひととき、現実逃避に使えるアプリなのでおすすめします!

[アプリのダウンロード]

iPhone版「QZ-finder」のダウンロードはこちら

nori3
About nori3 (16 Articles)
担当はインフラとfitterのサポート、それと雑用です。 趣味はnagiosでASPをチェックしてフムフムとうなずく事、フライトシミュレータ(FS)訓練、お城巡り、天体、カメラ、マージャンなど。
Contact: Twitter

Leave a comment

Your email address will not be published.

*



Top